ウィルズ(4482)2021年1Q決算

未分類

こんばんは。ハルです。

以前から事業内容に注目していたウィルズですが、1Q決算を発表しました。決算の結果はどうなのか?株価はどうなったのか?を記事にしました。

会社紹介

ウィルズは企業のIR支援を行う会社で、主に下記2事業を展開しています。

株主管理プラットフォーム事業:企業の株主優待にポイント制を導入し、ポイントと商品の交換を行う株主専用サイトを提供する「プレミアム優待倶楽部」や、機関投資家マーケティングプラットフォームの「IR-navi」を行う事業を展開。

広告事業:各種ポイント(dポイントやTポイント等の各企業のポイント)をまとめ、自分の好きなポイントに交換するサイト、「ネットマイル」の運営や、企業のWebサイト上で遊べるゲームを提供する事業を展開。

決算結果

2021年5月17日に1Q決算が発表されました。今期より連結決算となったため、会社発表の決算短信に前期比はありませんが、売上ベースの比較では445百万→650百万、利益ベースでは51百万→37百万へと増収・減益となっています。

なお、売上のうちわけは下記の通りで、折れ線グラフにするとよくわかりますが、どの事業内容もほぼ横ばいぐらいです。

ウィルズの決算説明資料等では、プレミアム優待倶楽部の契約数は年々上昇しているという発表がされていますが、売上には結びついていないという結果になります。

子会社

2020年10月に子会社化したことで新事業となった広告事業についてです。売上高の推移は下記の通り、まだまだ実績が少なく判断は難しいところです。

もともとの事業であったプレミアム優待倶楽部と、新事業のネットマイル事業ともにポイントを利用したサービスですが、共通のポイントではなく別のポイント扱いとなっており、ユーザーとしては使いにくさがあります。一応、ポイントの交換はできますが、このあたりのシステム連携は今後の課題かなと思います。

決算説明資料にも、今後システム投資を行うとありますので、既存システムと新システムの連携等、ユーザーの使いやすさ向上は意識しているようです。

また、子会社化だけではなく、様々な会社との業務提携、協業も行っています。
・電音エンジニアリング社
・ファンズ社
・フロンティア・マネジメント社
・DANベンチャーキャピタル
・ストーム・リサーチ・リミテッド

ウィルズへの投資

5月17日の1Q決算発表の翌日に株価は市場開始とともに急激に下落し、-18%ほどの下落から始まりました。ですが、午後にかけ株価は持ち直しを見せました。この動きを見て、私は決算結果がそこまで悪いと思っていなかったこともあり、株価の動きから下がったら買いたい人が意外といるのではないかと思い、午後すぐに追加購入しました。

結局その日は13%超の下落で882円とはなりましたが、その後28日時点では955円とまずまずの持ち直しとなっており、追加購入はよい結果となりました。楽観できる決算結果ではありませんが、事業内容は期待できると思いますので、今後も注目していきたい企業です。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました