米国ETF 9月分配金

こんばんは、ハルです。

私の保有している米国ETFの9月次分配金がありましたので、保有ETFの紹介とポートフォリオの状況、今後の展望について記事にします。

保有しているETFの紹介

現在、私の保有している米国ETFは下記3つになります。

①SPYD SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF

運用会社ステートストリート
概要S&P500®指数を構成する銘柄のうち、配当利回りの上位80銘柄にほぼ均等に投資するETF
経費率0.07%
配当年4回(3月、6月、9月、12月)

高配当銘柄に特化したETF。直近の分配金利回りは5.45%。コロナ禍で一気に下がり株価は停滞気味です。他の人気ETFほど株価は戻ってきておらず成績のよいETFとはいえないかもしれません。9月の分配金も減配となりましたし、このまま減配基調が続くようなら購入の魅力はなくなるかもしれません。

②HDV iシェアーズ 米国高配当株ETF

運用会社ブラックロック
概要財務状態が健全であり、配当金を支払っている米国の有名、優良企業の株式75銘柄に投資するETF
経費率0.08%
配当年4回(3月、6月、9月、12月)

SPYDほどではありませんが、こちらも高配当と銘うったETF。貯金の分配金利回りは4.27%。9月も減配ではありましたが、他のETFに比べ減配率は少なかったので、割とよいパフォーマンスなのかなという印象です。

③AGG iシェアーズ コア米国総合債券市場 ETF

運用会社ブラックロック
概要米国の投資適格債券に幅広くに投資するETF
経費率0.05%
配当年12回 毎月

米国債権に連動するETF。ローリスクローリターンのETFになります。分配金も少ないですし、あまり魅力は感じませんが、リターンは少なくてもリスクは少ないETFを持ちたい方にはオススメです。私もローリスクETFもポートフォリオにいれておこうという気持ちで購入しています。

購入状況

次に米国ETFの保有株数やポートフォリオを紹介したいと思います。どのETFもマイナス評価となっています。コロナで一気に下がりそのまま元の株価まで戻っていない状況です。ただ、どのETFも数十年先を見越して少しずつ購入していく予定であるため、株価が安いということは買い時と楽観的に考えて購入を続けていく予定です。

①SPYD

上:特定口座、下:NISA口座

毎月2万円分くらいを購入しています。評価損益的には-20%近いマイナスとなっており、さすがにここまでマイナスが重なると金額を見ると気分がなえます。。

②HDV

上:特定口座、下:NISA口座

SPYDと同じくこちらも毎月2万円分ほど購入しています。こちらも大きくマイナスとなっており、気分はSPYDと同じです。。

③AGG

すべてNISA口座

こちらも若干のマイナスです。債権に投資するETFのため株価が下がっている分、債権はマシなのかもしれません。AGGは気が向いたときに少しずつ購入しています。

ポートフォリオ

保有している米国ETFのポートフォリオです。金額ベースのグラフになります。AGGの割合としては15%くらいを保持していく予定です。残りの85%をSPYDとHDVを半々くらいに考えているため、少しHDVのほうが現状は多い状態です。

分配金状況

分配金状況です。コロナの影響を受けて分配金が下がっています。特にSPYDは大幅に減配されており、今後が心配になってしまいます。

SPYDとHDVについては株価と分配金の変化がAGGに比べ激しいため、株価と分配金の上下によって利回りが大きく変わってきます。利回りがいくつなら買いなのか、売りなのかを判定するため、下記のような対比表を作成しました。

SPYDの現在の株価は26.99、分配金は1.52USDのため、5.36%の利回りとなります。黄色の背景がその部分になります。SPYDの利回りは5.5%くらいほしいと思っているので、配当がこれ以上下がると購入を見送る可能性があります。次回12月の分配金が気になります。

HDVの現在の株価は79.09、分配金は3.42USDのため、4.25%の利回りとなります。黄色の背景がその部分になります。HDVは4.5%の利回りは4.5%くらいほしいと思っているので、もう少し分配金が出るといいなという感じです。

今後も株価と分配金をチェックしながら積み立てを続けて行きたいと思っています。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました