双日(2768)本決算

未分類

こんばんは。ハルです。

双日は高配当銘柄として有名でしたが、コロナ禍による業績の低迷や配当の減配等により、株価もずっと下落トレンドが続いていました。ですが、今回の本決算では明るい材料も見えてきましたので、私の双日に対する見方について記事にします。

決算発表

まずはメインの発表内容である決算結果です。ただ、商社って事業セグメントが多岐にわたりますし、世界情勢の影響を受けやすくシロウトに予想は難しいと思いますので、決算内容については結果だけ記載します。

1~3Qの決算で前期比マイナスでしたので、マイナス値は想定内ですが、コンセンサスを下回っており想定以上のマイナス結果となっています。

また、来期の決算予想も発表されましたが今期比でマイナスとなっており回復への道のりは遠そうです。

自社株買い

決算と同時に自社株買いを発表しています。
・取得総数:50,000,000株(上限)
・取得価額の総額:150億円(上限)
・期間:2021年5月1日~2021年9月30日

30日の12時半にこの自社株買いが発表されましたが、おそらく、この自社株買いが好感され午後に株価は急騰し6%プラスでその日の取引を終えています。

150億円(50,000,000株)分ほどの自社株買いになるそうですが、それでも発行済株式総数の4.2%にしかならないのは驚きです。

株式併合

決算発表、自社株買いに続き5株を1株に併合する株式併合も発表されました。

理由としては東証における望ましいとされる投資価格が5万~50万という水準に合わせるというものです。500株未満の株式しか持たない場合、株主総会における議決権を失うようです。私はたまたま500株もっていますが、特にインセンティブもありませんし議決権行使はしていません。大半の個人投資家にとってはあまり重要ではないかもしれませんね。

ただ、100株を3万ほどで購入できる手軽さが他の商社株にないメリットだと思ってたのに、そこは残念かなと思いました。

双日の投資戦略

今回の決算等の発表を踏まえ、買い目線、売り目線で双日の投資戦略を考えたいと思います。

まず、自社株買い等いのスケジュールをはこんな感じになります。

買いタイミング

自社株買いをポジティブに株価上昇と考えるのであれば、今が買い時と考えます。決算発表と同時に株価が大きく上昇しているのがその証拠かもしれません。

また、現在でも利回りは3%ほどありますし来期は増配(10円→14円)が予定され、そのさいの利回りは4%を超えることになります。中期経営計画では業績は回復していく傾向が読み取れますので、株価上昇前のタイミングで購入を考えるべきですね。

売りタイミング

売りのタイミングは今ではなく、自社株買い中は保持し中間配当を受け取って売るか、2Qの決算結果を見てから売却を検討するというのがいいかなと思います。

もしくは、高利回り銘柄として長期保有を考えてもいいと思います。ただ、商社株はなにを原因に株価が下落するかわからないため、決算結果は注視する必要がありそうです。

私の結論

私は500株もっていますが、現在は売る予定はありません。売りタイミングで記載した通り、2021年の中間配当を受け取り、2Q結果をとりあえずみます。大きなマイナス要因がなければそのまま持ち越し2022年以降も高配当銘柄のひとつとして保持していこうと考えています。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました