総医研HD(2385)1Q決算結果

注目決算

こんばんは。ハルです。

私の持っている銘柄の一つ、総医研HD(2385)が1Q決算を発表しました。決算内容と決算後の株価について記事にしたいと思います。

総医研HDの事業内容

総医研HDの事業内容について簡単にまとめます。総医研HDは大阪大学医学部発のバイオベンチャーで、下記事業を行う銘柄です。

  • 化粧品事業
  • 健康補助食品事業
  • ・機能性素材開発
  • ・生体評価システム事業
  • ・ヘルスケアサポート事業

売上高比率では、化粧品事業が53%健康補助食品事業が25%、その他でが20%となっています。そのため、決算では化粧品事業健康補助食品事業の結果を重点的にみる必要があります。

なお、総医研HDの詳細な銘柄研究記事は下記記事で詳しく書いていますので、よかったら読んでください。

2021年6月期 1Q決算結果

1Q決算の結果は下記の通り。前年同期がマイナスでしたが今期はプラスとなっており、まずますの結果となっています。

セグメント別では下記の通りとなっています。

[table id=3 /]

決算説明資料にもありますが、健康補助食品事業については1Q決算で広告宣伝費等を投下し、2~4Qで回収する収益構造のため、この営業損失は問題ない値となっています。この1Qの営業損益は今期だけでなく、過去4年ほどみても同様となっています。

健康補助食品事業で営業損失を出しながらも、全体では107百万の営業利益、43百万の純利益は決算に期待が持てる数字となっています。

通期予想

1Q決算の通期予想におけるそれぞれの進捗は売上:27.5%、営利:8.2%、純利:4.8%となっており、進捗はよくないように見えます。しかし過去の業績推移をみても2~4Qにかけて業績はプラスになってくるため1Q時点の数字の低さはそれほど気にする必要はありません。

通期予想は下記の通りで、前年比をしっかり上回る予想となっています。決算説明資料でも保守的な予想との記載もありましたし、経済状況によってはさらに上乗せする可能性もあります。

決算発表後の株価の反応

1Q決算発表後の株価がどうなったか確認します。決算発表日(2020/11/12)の終値は892円、翌日(2020/11/13)の株価は始値812円、終値742円とストップ安となりました。

去年の1Q決算後も下がったため、今年も下落するだろうなと思いましたが、ストップ安は想定外です。11/13は日経平均が連騰したあとということの影響も大きそうです

株価は大きく下がりましたが、決算内容自体は問題ありませんし、今後の決算で会社予想とのかい離が大きくなると危険だと思いますが、現状は想定通り成長していますので、このままホールドで問題ないと考えています。むしろ、ストップ安は逆に買い増しのチャンスかもしれません。

来週の株価がどうなるか注目ですね。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました