日経平均株価とは

こんばんは。ハルです。

『日経平均株価』という言葉の通りに意味を考えると、日本の上場銘柄の株価の平均をあらわした数値。と一見思いそうですが実は違うんですね。そのあたりを今日は簡単に書きたいと思います。

私は以前まで、単純に日本の株価の平均と思っていました。日経平均は上がっているのに、自分の持っている株価はどれも下がっている。こんなことがちょこちょこあって、あぁ。。私の持っている銘柄は平均よりも成績の悪い銘柄なんだな。。なんて思っていました。でも、日経平均の数値のマジックを知れば、そんなに落胆する必用もないことがわかりました。

では、日経平均株価とは?

・日本経済新聞社(日経)が公表している株価指数。

・日経が225社を独自に選定し、その銘柄を独自の計算式を利用して算出。

このように、そもそも全銘柄の株価が反映されているわけでもないし、単純に平均を計算しているわけでもないんですね。また、225銘柄のうち、寄与度といって銘柄によって数値に影響を与える度合いに違いがあります。寄与度の大きい企業は「ファーストリテイリング」「ソフトバンクグループ」「東京エレクトロン」「ファナック」などがあります。そのため、「ファーストリテイリング」の株価の上下のみで日経平均が数十円上下するというカラクリになっています。

この計算方法は割と複雑で気にもなりますが、そこを詳しく知る必要はないかなと思います。それより、日経平均の上下だけを見て一喜一憂する必用はない。ってことを覚えておけば十分と思います。

日経平均が平均をあらわしていないのであれば、なにを見て平均を知ればいいのか?これについては、TOPIXがあります。TOPIXであれば東証1部上場企業の全銘柄を対象としているので、こちらが参考になると思います。ただ、こちらも弱点があって、平均というだけあって時価総額の大きな企業の影響を受けやすいです。

日経平均もTOPIXも数字の上下を見てあたふたするのではなく、参考程度とするくらいでいいのかなという印象です。株に関係する指数というのは様々あってどれを信じればいいかわからなくなりますが、いろんな側面から見て必要に応じて使い分けたいですね。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました