eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

株の勉強

こんばんは、ハルです。

人気投資信託のeMAXISシリーズ、その中でも特に人気のある「Slim米国株式(S&P500)」

毎月定額の積み立て設定で定期購入しておき、あとは放置という方は多いのではないでしょうか?私もその考えで、特に深くは考えず楽天のポイントアップ目的もあり3,000円ずつ積み立て購入しています。

Slim米国株式(S&P500)の中身って皆さん認識していますか?私は米国のS&P500に連動している投資信託。というくらいの認識しかありませんでしたが、せっかく投資の勉強もしていることだし投資信託の中身を深堀してみようと思い今回調査してみました。

概要

簡単にeMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)について紹介します。

運用会社:三菱UFJ国際投信
運用開始日:2018年07月03日
管理費用:0.0968%
純資産額:2,847億円
運用方針:S&P500指数の値動きに連動

楽天証券調べではありますが、買付けランキング1位。積立設定数ランキング1位と圧倒的人気の投資信託になっています。Youtubeなどでも紹介されていますし、王道の投資信託になのかなという感じです。

ポイント

投資信託には目論見書というものが交付されており、そこにはその投資信託の目的や、投資先、リスク、運用実績などが記載されています。今回はこの目論見書の中から知っておいたほうがいいポイントを紹介します。

為替ヘッジなし

eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)では為替ヘッジなしと記載されています。ヘッジとは回避の意味であり、為替ヘッジなしということは為替リスクを回避しないということになります。

単純に考えると為替リスクを無しにできるのであれば、為替ヘッジありのほうがよさそうですが、リスク排除のためには、その分のコストがかかります(このコストは為替先物を利用してリスク回避をしますが、その詳細まで初心者が知る必要がないと思いますので、割愛します。というか私にはよくわかりませんでした笑)

為替ヘッジあり、なしどちらのほうがメリットがあるとは一概には言えませんが、楽天証券で取り扱う投資信託を見るとほとんどが為替ヘッジなしとなっています。一応、自分の投資信託がどちらの手法をとっているか知っておいて損はないと思います。

分配

eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)では「年1回の決算時に分配金額を決定します。」と記載されています。これを読んだとき、アレ?投資信託から配当もらったことあったっけ?と思いました。

それもそのはず、分配金額を決定しますとありますが、実は過去分配金はすべて0円となっていました。現状は、「信託財産の成長を優先し、原則として分配を抑制する方針」としているそうです。また、eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)は2018年7月3日に設定された投資信託であるため、分配決定のタイミングもまだ2回しかありません。

なお、楽天証券では、分配金を「受取型」or「再投資型」を選択することができます。今のところどちらでも変わらないということですね。

管理費用

eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)では年率0.0968%のため、100万円で年間1000円くらいになります。中には、3~4%の投資信託もある中0.0968%はとても安く、楽天証券の中で最安値となっています。

管理費用の高いものはその分、運用会社ががんばって運用してくれるということですが、どこかで聞いた情報では、運用会社ががんばって運用してくれるアクティブ型より、なんらかの指数S&P500等に連動するインデックス型の運用成績のほうが結局はよいことが多いとも聞きますし、管理費用は安ければ安いほうがよい気がしています。

私の投資信託状況

私の投資信託はおまけ程度で少額投資のためつまらない内容ですが、私の投資信託状況を紹介しておきます。

対象の投資信託:eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500) 受取型
毎月の積立額:3,000円(楽天ポイントで500円分利用) ※2020年12月までは2,000円の積立
現在の評価額:30,255円 
評価損益:+5,255円

気にしていませんでしたが、私は受取型を選択していました。福利の効果を最大限いかすのであれば再投資型にしたほうがいいなと思いますので、変更しておこうと思います。

eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)は人気の投資信託だけあって、投資対象、管理費用の面からみて優秀な投信信託かなと感じました。そのため、冒頭で記載した通り、定期的な積み立てをずっと続けていくことが賢い方法かなと考えます。たまーに成績だけ確認という感じですかね。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました