ドラッグストア徹底比較

銘柄研究

こんばんは。ハルです。

最近の決算でドラッグストア銘柄がどこも好調だなと感じます。そこで、ドラッグストア業界からいくつか銘柄を比較し、今後狙うべき銘柄はどこか?などを検証したいと思います。

検証対象銘柄

検証対象の銘柄は下記4銘柄。私が購入するならを前提としているため、私が利用するお店の銘柄を中心に選んでいます。

(1)スギホールディングス(7649)

東海地方を地盤としたドラッグストア。時価総額では15社中4位。私の地元(名古屋)ではドラッグストアといえばスギ薬局。と思われるほど名古屋市内ではそこらじゅうに店舗があります。

(2)ツルハホールディングス(3391)

地盤は北海道ですが、全国展開しておりすでに全国区の銘柄。現在は時価総額で15社中2位ですが数年前まで1位でした。以前までは私も知りませんでしたが、最近引っ越した先に店舗があり、なかなかいい店舗だなと感じています。

(3)クリエイトSDホールディングス

神奈川地盤のドラッグストア。名古屋のほうにもちらほら進出してきており知名度は全国区。時価総額では15社中8位。生鮮食品を扱っていることもあり、私もよく利用します。

(4)ウエルシアHD(3141)

イオン子会社で時価総額15社中1位の最大手。イオンの中でもよく見かけますし、個別店舗もあります。ただ、品ぞろえ等にあまり特徴がないのが個人的な感想。

基本情報比較

各銘柄の基本情報を表にするとこんな感じ。さすが好調な業界ということでしょうか。どこもPERは高めです。この表以外でもどこもこれくらいのPERになっています。ROE、ROAも高いところから利益をあげやすい業界なのかな。という印象です。あと、どこも株価が高く、単元購入のハードルは高いです。

売上比較

次に売上高、利益率等から各銘柄を比較したいと思います。

2016年からの情報ですが、ほぼ毎年増収、増益で成長していることが伺えます。とくにウェルシアは2ケタ増が多く、伸び率は他と比べて頭ひとつ抜けているという感じです。また、コロナによる影響もなく、2021年予想はどこも前年比プラスをだしています。

ただ、どの銘柄を購入するか?を考えた場合、どこも増収、増益、利益率等も差がなく決定感に欠けるともいえます。

株主還元

配当利回りや株主優待はこのようになっています。

おっ!これは!とまで言えるものはない感じです。個人的にはカタログギフトがすきなので、ウエルシアでしょうか。

まとめ

ドラッグストア銘柄はどこも好調なため、買うならどこだ?ということで調査をしてみました。個人的には成長性に期待できるということで毎年2ケタ成長を続けるウエルシア(3141)でしょうか。ただPER40倍でチャートをみても上場高値付近にいます。今が買い時とはなかなか言えないかもしれません。株価的にも少し高いので、単元株数を購入するのではなく、少しずつ買い足していくのも手だと思います。

今後のドラッグストア業界について個人的感想ですが、

現状は複数企業が乱立しており、そこらじゅうにドラッグストアが店を構えている状態ですが、今後は少数に集約されていくのでは?と考えています。ドラッグストア同士の提携話はしょっちゅうニュースになりますし、今回調査したウエルシアはイオンの子会社で、ツルハの筆頭株主はイオンになっています。コンビニ業界でも複数乱立から少数集約の流れをたどりましたし、同じような構図ではないかと考えています。吸収合併時にはプレミアム価格での株価買い取なんかもあると思いますので、そこを狙うのもチャンスかもしれません。

今後もドラッグストア業界の動向はチェックしていきたいと思います。

それではまた。

コメント

  1. […] ドラッグストア徹底比較 […]

タイトルとURLをコピーしました