DCMホールディングス(3050) 本決算

注目決算

こんばんは。ハルです。

DCMホールディングス(3050)が2020年2月期の本決算を発表しました。私の持ち銘柄でもありますし、なかなかよい決算を発表しましたので、記事にまとめます。

会社概要

ホームセンター国内最王手。東日本ではホーマック、ケーヨーデイツー。中日本ではカーマ。西日本ではダイキ等を展開。ホームセンターだけでなく、工具・金物・作業用品の専門店ホダカも展開。

決算結果

2021年04月09日に本決算を発表しました。

売上高 :
  471,192百万(437,371百万 , +7.7%)  
営業利益:
  30,254百万(20,832百万 , +45.2%)   
経常利益:
  29,550百万(20,107百万 , +47.0%)  
純利益 :
  18,594百万(13,783百万 , +34.9%)  
※()内は前年同期値 , 前年同期比

3Q時点で売上ベース78.9%、利益ベース97.7%の進捗でしたので、上方修正あるかなと思いましたが、特にありませんでした。詳しく見てみると4Qでも例年通りの売上をだしていますが、純利益でマイナスとなっています。あれ?と思いましたが、決算説明資料にその理由が記載されていました。

理由としては想定以上の売上から店舗の改装や修繕を前倒し実施したそうです。具体的な投資金額は前期が13,117百万今期が18,302百万と大きく増えていました。

配当、株主優待

DCMホールディングスは配当、株主優待も優等生です。

今年の配当は記念配当(2円)含めて32円。前期に比べ4円の増配です。また、2013年から毎年1~3円の連続増配中で、連続増配にもかかわらず今期の配当性向は25.1%です。中期経営計画では配当性向は30%目安とある通り、来期以降の増配余地もあります。

配当利回りは、100株優待込みで3.2%(3年保有時の株主優待込みは4.5%)となっており高配当銘柄といえます。

自己株式取得

株主還元として自己株式取得にも積極的です。2月、3月に自己株買いを行っていますし、4月末までの自己株買い予定の50%強を消化したところで、今月中にもう一度自己株買いを行いそうです。

もちろんそれに伴い株価、EPSの上昇が期待できます。

まとめ

・2020年2月期の本決算は前期比を大きく超える売上、利益を発表。

・今期配当は4円増配で連続増配中。なお配当性向は25%で余裕のある配当状況。

・来期の売上は今期並みだが増益予想で成長続く。

・自己株買いに積極的。株価も割安のため、今後伸びる余地ありと考えられる。

ホームセンター銘柄はどこも好調ですし、割安な株価で下値は限定的ですし、配当、株主優待、自己株買い等株主還元に積極的という二段構えで考えると、買いやすい銘柄かなと考えます。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました