決算速報

注目決算

こんばんは。ハルです。

私の保持している銘柄の双日(2768)と旭情報サービス(9799)が2Q決算を発表しました。細かい分析は今後しようと思いますが、速報として簡単にまとめておきます。

双日

2Q決算結果

2Q決算結果は前年同期比で収益はマイナス16.7%、純利益はマイナス69%という結果です。決算書をななめ読みしたところでは、コロナの影響で自動車の販売と金属・資源の減収幅が大きかったようです。

通期予想

通期でも回復することは難しいようで、前年比マイナス50.7%という結果です。

配当

双日の購入理由は配当です。コロナ暴落前で7%ほどありましたので、その高配当を魅力に購入しましたが、今期は前期比で-7円の減配となってしまっています。とはいえ、それでも配当利回りは4%ほどありますが、含み損となったこの銘柄は損切り筆頭です・・・

旭情報サービス

2Q決算結果

売上高はプラス1.6%となりましたが、営業利益、純利益ともにマイナスとなっています。こちらでもコロナの影響により「顧客のシステム投資計画の延期等が発生し、技術者の稼働率が伸び悩む」という結果になりました。

通期予想

2Q決算では営業利益、純利益ともマイナスでしたが、通期予想では前年比プラスに転じています。コロナの影響はあるものの、回復傾向にあることからプラス予想になっているようです。

まとめ

双日はコロナの影響が大きく、売上、利益とも残念な結果となっています。それにともない株価もコロナ以降大きく下げており、私としては含み損を抱えている状況です。唯一の救いは減配があったとしても配当がそこそこというところでしょうか。株価の上昇が期待できない状況では損切り候補です。

旭情報サービスは自己資本比率が79.4%、有利子負債倍率が0.03と財務状況は超優秀です。成長性に大きな期待があるわけではありませんが、優秀な財務状況と毎年着実に成長する銘柄のため、長期目線で購入しました。通期予想ではプラス成長を維持できそうで安心しました。

ざっくりとですが、双日と旭情報サービスの2Q決算を紹介しました。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました