今週の注目決算(10/26~10/30)第二部

注目決算

毎週恒例の今週の注目決算を紹介したいと思います。今週の決算発表銘柄は748銘柄。この中から私がおっ!と思った銘柄を紹介します。第二部では金曜日の決算発表銘柄からの紹介です。月~木の紹介銘柄は第一部です。

今週のオススメ銘柄

レーザーテック(6920)

マネックス証券より引用

企業紹介
半導体製造の検査・測定装置メーカー。半導体マスク関連の検査装置は世界シェア80%。

通期業績で2017年から前年比二桁増を連続中。特に2020年は純利益+82.4%で絶好調の業績。収益性でも営業利益率35%、ROE30%と稼ぐ力も超優秀。さらに有利子負債は0という安定銘柄。

1Q決算結果

前年同期比 売上高+48%増、営業利益+89.7%、純利益+82.4%で過去最高額を達成。来期の業績予想でもしっかりとプラス成長を見込んでおり、今後も成長期待も高いです。

今後について

現在の株価は一株8940円と100株購入にはハードルが高いです。2020年1月に1対2の株式分割を行っていますが、株購入にはもう半分くらいになってほしいですね。PERも64.5倍と高めです。ただ株価下落の要因がみつからないため、下落したら買おうというのはむしが良すぎるかもしれませんね。

東京都競馬(9672)

マネックス証券より引用

企業紹介

不動産施設の賃貸会社。競馬場やオートレース場の賃貸、東京サマーランドを経営。

通期業績で2012年より連続過去最高を継続中。売上の伸びより純利益の伸びのほうが大きい。営業利益率は30%超、ROE7.99%。自己資本比率も70%超えで財務状況も問題なし。

1Q決算結果

コロナの影響により遊園地事業はマイナスとなっているものの、メイン事業である公営競技事業は前年同期比で売上高+13%、営業利益+33.6、純利益+34.3%となっています。

要因としてはSPAT4(インターネット投票システム)の売上好調とのことです。コロナで競馬場にはいけなくても、競馬が大好きでインターネットで馬券を購入という人が多いみたいです。

今後について

競馬場等も少しずつ観客をいれているようですし、インターネットで投票券購入という新たな需要を手に入れたことは大きな収穫になったのではないでしょうか。業績予想を売上高、営利、純利ともに増額修正しているのもその結果だと思います。

アイ・アールジャパンホールディングス(6035)

マネックス証券より引用

企業紹介

FinancialAdvisor(アクティビスト対応、敵対的TOB対応)、ProxyAdvisor(委任状争奪業務、臨時株主総会の招集と対応)を業務とするコンサルティング会社。

会社にとって味方にも敵にもなりうる株主に対し、適切な対応をとるお手伝いをする会社という感じですかね。株がオープンになった今、需要が高まっている業界といえそうです。

2Q決算結果

前年同期比で二桁成長を見せ過去最高の結果となって、順調な2Q決算結果といえそうです。

今後について

法律は法律家に、医療は医者に。のように、株式には株の専門家に。という流れは今後も拡大すると思います。そんな中でアイ・アールジャパンホールディングスは規模も大きく、ノウハウをしっかりもったプロフェッショナル軍団への需要はより高まりそうです。

現状株価は11,710円、 PER は66倍と高めです。ただ、今後も期待できる銘柄ではあると思います。

選抜銘柄の株価

次に選抜銘柄の株価チェックをします。これは、今週の注目決算で紹介した銘柄の中から選抜銘柄を決めて毎週の株価をチェックし、私の選定眼は正しかったのか?を確認します。まずは選抜銘柄の株価がどうなったのかを確認します。

ベイカレントがひどい下がり方ですね。導入タイミングがよくなかったようです。ここから取り戻すのは厳しそうなため、今回のアイ・アールジャパンホールディングスと入れ替えたいと思います。また、第一部で紹介したJストリームもチェックしたいため、成績のよくないキャリアリンクも交代します。

来週の決算発表銘柄も、多く、3日が休みにも関わらず761銘柄の発表があります。私の持っている銘柄もいくつか決算発表があって楽しみです。また、米国大統領選もありますし、イベント盛りだくさんな一週間となりそうです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました