先週の注目決算(7/27~7/31)

こんばんは。ハルです。

毎週恒例の先週の注目決算の記事です。
今週は3月決算企業の1Q決算が出始めており、776銘柄の決算が発表されました。今回紹介する銘柄以外にも普段なら紹介に値する銘柄はたくさんありましたが、すべて紹介するのは不可能なため、えりすぐりの3銘柄となっています。

先週の振り返り

さっそく紹介したいと思いますが、まずは先週の振り返りを行いたいと思います。先週紹介した銘柄の株価は紹介時からどうなったのか?
 ①マクアケ(4479) 9340円 → 8760円
 ②ALBERT(3906) 6480円 → 5900円
 ③ライク(2462) 1610円 → 1670円
全体的に下がっていますね。先週末に日経平均も3%近く下げているのでその影響を受けているのかもしれません。もう少し長い目で見る必要がありそうです。

今週の注目銘柄

では、今週の注目銘柄の紹介です。


①エムスリー(2413) 5380円
医療情報サービス会社。医療システムの開発や人材サービス、医療ポータルサイトの運営、医療機関の経営や運営等、医療関連事業はなんでもやりますという会社。本決算では売上、営利ほぼ毎年前年比2ケタ上昇。4半期決算でも前期比ほぼプラス。今期の1Qも前期比15.3%と順調な伸びをみせています。
さすがに株価も上昇傾向なところが唯一マイナス要素といえるかもしれません。

②グリムス(3150) 3370円
エネルギーソリューション企業。環境・省エネ・創エネ・蓄エネのサービスを提供。こちらは、エネルギー関連のなんでも屋さん。本決算での売上は毎年25%以上、営利では35%以上。前回は50%超えです。1Qの進捗も44.1%で絶好調。この銘柄でオススメなところは時価総額が392億しかなかくこれからの伸びしろがたっぷりというところでしょうか。ただ東2ということで出来高は少ないため、すぐに大きな利益がでるかは微妙なところ。しかし、私としては今回紹介した中では最有力かと思います。

③MonotaRO(3064) 4505円
CMでも名前を聞く有名企業。間接資材のEC企業最大手。間接資材とは工場等で使用する部品とか事務用品のこと。1800万点を超える品ぞろえらしいです。こちらもずっと2ケタ増収、増益。成長性にかけては非の打ちどころなしです。ただ有名すぎて今買うべきかは悩みます。

まとめ

今回紹介した銘柄はどれもすばらしい業績をあげており、成長性ならどれも絶好調です。ただ株とは成長性だけでなく、購入のタイミングも重要になってきます。なかなか難しいですが、今後を予想する目を鍛えていきたいです。

なお、来週はさにたくさんの決算が発表されます。お盆休みに入りますし、コロナの影響で外に行く予定も少ないのでゆっくりみたいと思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました