2021年 12月 保有銘柄公開 私のポートフォリオ

ポートフォリオ

こんばんは。ハルです。

2021年も年末を迎えました。2021年12月末時点の保有銘柄とその損益がどうなっているかまとめました。

2021年 10~12月の取引概要

日本市場ではマザーズ市場は下落、日経平均は横横の展開でどちらかというと、日本市場全体で買い場ではなかった印象です。そのため、私も定期買付けの継続プラス、NISA枠の余りで購入した高配当株や優待銘柄等、グロース銘柄を避けていくつか購入しました。

2021年 12月末時点ポートフォリオ

下記は9月末時点のポートフォリオと12月末時点のポートフォリオです。

・全体 363万円 ⇒ 395万円
・国内株式 215.8万円 ⇒ 226.2万円
・米国株式 78.7万円 ⇒ 91.5万円
・投資信託 5.7万円 ⇒ 7.9万円
・iDeCo 62.6万円 ⇒ 69.5万円

全体としてやや増加です。その理由は毎月の定期買付け分プラスαですが、目立つのは米国株の資産です。日本株は+9万円ですが、米国株は+13万円となっています。

保持銘柄(日本)

全体

全体をサマリーすると10万円ほどの含み損となっています。コロナ禍からの回復時はグロース企業が含み益をだしてくれていましたが、現状はその銘柄が含み益の減少または、含み損を抱える状況となってしまいました。逆にバリュー銘柄が含み益をだしてくれている状況です。

個別銘柄

ENEOS(購入)
高配当銘柄を買っていく。という方針のもと、ENEOS(5020)を購入しました。4万円台で購入できるためお手頃ですし、NISA枠のあまり分としてちょうどよいという理由でした。

日本毛織(購入)
配当そこそこ、株主優待あり、業績もそこそこという銘柄です。グロース企業のようなキャピタルゲインは見込めないですが、株価、割安度などから購入してみました。多少の含み損はでるかもしれませんが、長期優遇の優待もあるため、売却予定はありません。

保有銘柄(米国)

全体

米国株については月2万円の定期買付けを継続している以外大きな動きはありません。今後もHDV、SPYDが5対5になるような割合で購入を継続していきます。

個別銘柄

アップル(AAPL)
以前AGG(米国債券ETF)を売却した金額で購入したアップルですが、含み益が膨らんでいます。購入時点で高いなと感じましたが、さらに上昇を続けるのはさすが世界No1企業だと感じました。

HDV、SPYD
米国の高配当ETFとして購入している銘柄です。株価は順調に上昇していますが、配当が思ったほど伸びず高配当という意味では不満です。ただ、配当はオマケみたいなもので将来の資産とするのが目的ですので、購入継続の考えは変わりません。

2022年 方針

年が明ければNISA口座がリセットされますので、個別株をいくつか購入する予定です。ただしグロース銘柄は少なめにし、バリュー銘柄、もしくは優待目的の銘柄の比率を高めたポートフォリオにしていく予定です。

購入を検討している銘柄はこちらです。

グロース企
 ・マークラインズ(3901)
 ・エラン(6099)
 ・エスプール(2471)

バリュー、優待目的
 ・KDDI(9433)
 ・すかいらーく(3197)
 ・三菱HCキャピタル(8593)

日々の値動きで売買をすることはしていないため、ファンダメンタルでよい銘柄を見つけて、なるべく安い株価で購入し、じっくり成長をしていくのを見守るスタイルは2022年も変わらず続けていきたいと思います。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました